1. HOME
  2.  >
  3. Insights
1. 中小企業のシステム導入
中小企業のシステム導入における傾向
① 中小企業の事業の特長
独自/独特なサービスを提供することや複雑/精密な業務を行うことで競争力を保持している。
② 中小企業におけるシステム導入の傾向
財務的な制約があるために、スクラッチ開発のシステムの導入よりもパッケージやASPを利用。
事業展開の流動性が高いために、システム導入よりも短期従業員の採用により対応することが多い。また、システム導入は、基本インフラや経理など定常的な業務のみにとどまる。
③ 中小企業におけるシステム導入の問題点
パッケージやASPは、カスタマイズ範囲に制限があるために、中小企業の強みである独自/独特なサービスに対応できないことが多い。また、パッケージやASPに無理に業務を合わせることで、サービスレベルの低下につながる恐れがある。
スクラッチ開発のシステムを構築しても、初期構築コストへの予算配分と事業の変化に合わせた改修コストへの予算配分が適切に行われていないために、改修を行うことができずにレガシー化している場合が多い。

中小企業のシステム導入をサポートする弊社のアプローチ
① システムのライフサイクルを意識した要件定義
システムの用途は明確である一方で、そのシステムが短期的に何を解決し、さらにどのように変化していくべきなのか、どの時点で使用しなくなるのか、といったシステムのライフサイクルまでを意識することができていないことがあります。システムのライフサイクルを意識すると、どのような構築手法が正しいのか、またどのような規模で問題ないのか、どのようなリソース(ハードウェアやネットワーク)が適切なのか、といったことをより明確にすることができます。
② 適切な予算計画
システムのライフサイクルを意識すると、システム構築は初期の構築コストだけが問題になるのではなく、事業が拡大したときの拡張に関る予算、事業展開に合わせて改修を行うための予算などを考慮に入れて予算計画を立てる必要があります。長期的な予算計画を重視することで、導入したシステムを長期的に有効に使用することができます。
③ 適切な償却方針
適切な予算計画を立てることができても、これを無理なく進めるための財務計画が必要になります。弊社では、システムの様々な予算計画にあわせて、『 分割支払方式 』『 レンタル方式 』『 レンタル方式+売上連動支払い方式 』など、多様な費用精算方式を提案させていただいています。
④ 拡張性に優れたシステム設計
システムの拡張性を考慮しすぎたあまり、初期のネットワーク構成から必要以上の機器を使用した冗長な構成になってしまう状況があります。弊社では、増大するデータ量や拡大する処理量にいかに効率的に対応していくためには、データベース設計とこれらをコントロールするアプリケーション設計に大きく依存すると考えています。

参考ページ
費用精算方式について
低コスト運用を実現するためのサーバ内データ管理手法
 

Insights